Curator's BLOG

2015.02.03 Tue

UR×TSUTAYAモデルルームをコーディネートしました。

150203_1
昨年末から年始にかけて、UR賃貸住宅さんとTSUTAYAさんのコラボモデルルームを作る仕事をお手伝いさせて頂きました。大名小学校のすぐ横にあるビンテージマンション「UR大名第三団地」の一室をインテリアコーディネートのみで生まれ変わらせて、若い方にもURで部屋探しをして欲しいという趣旨のプロジェクトになります。

以前URさんのCMにも起用されているモデルの藤田可菜さんに協力してもらい、ふじかなさんの理想のお部屋作りをTSUTAYAさんが本や音楽などのカルチャー感満載でサポートする今回の企画。自分は主に空間全体のコンセプトとコーディネート、予算配分などを担当しました。一部ネットで購入したものもありますが、年末年始はほとんどの時間を天神界隈のお店に足を運んで商品を物色する毎日でした。

150203_2
部屋ごとにテーマを決めて、家具や雑貨、照明、食器、小物などを選んでいます。ふじかなさんが建築本が大好きということで、棚には建築にまつわる色んな洋書や雑誌をずらりと揃えました。ちなみにこの棚は足場板をカットしてブロックと組み合わせて自作しています。手間とお金をかけずに間取りピッタリに収まるDIYも理想のお部屋作りの欠かせないポイントです。リビングは畳を活かしてゴロゴロとリラックスできるように、目線を低く設定し、家具はあまり置かずにクッションを大量に配置しました。(写真には写っていませんが、手前側にクッションがたくさんあります)

150203_3
キッチンはふじかなさんの趣味がパン作りということで、パン工場をイメージしてコーディネートしています。またパン作りにまつわる雑誌や小物などをTSUTAYAさんに準備して頂きました。キッチン台が広いので、料理の作業スペースがしっかり取れるのもこの物件の特徴です。

150203_4
こちらは寝室。マンガや文庫本などを大量に並べ、ミキサーやレコードなどのDJ機材を配置した趣味趣向の部屋です。ここの押し入れも扉を外し、同じく足場板で棚を自作しました。好きなものに囲まれる部屋って憧れますよね。

そしてもう一つの部屋のテーマは「旅」。海外旅行に行った時に集めた雑貨やガラクタ、トランクケースに写真など、あらゆるモノが混在したごちゃごちゃの部屋。今回の制作メンバーの中でも一番人気の部屋になりました。こちらは実際にモデルルームに行ってぜひ体験してみてください。

■特設サイト
ここちいい住まいのつくりかた
AFRO FUKUOKAさんの特設サイトでは、全4回分のコンテンツが毎週公開されていきますので、こちらもぜひご一読を!

■モデルルーム
場所: UR大名第三団地
住所: 福岡市中央区大名2-6-20
時間: 10:00〜17:00
TEL: 0120-555-795 / 092-722-1101
※見学の際は、UR福岡営業センター(同ビル2階)まで

Asian Party

福岡アジア文化賞

アジアフォーカス福岡国際映画祭

The Creatorsレポート

FACO

pagetop