Curator's BLOG

2013.07.16 Tue

福岡で活躍する作家

街角スナップであったり、情報誌の取材などで
自分でものづくりをして、販売している作家さんによく会います。

彼・彼女たちは、
自身のWEBだったり、展示会を開いたり、またセレクトショップで
作品を販売しています。

もともと作家さんは営業ベタな人が多いということで、
自分の良いと感じるものをコツコツと作り続けて、それを身につけることで、
「好き」と言ってくれる人につながって、輪が広がっていくんだそうです。

そんな作家さんのなかで、yumちゃんというアクセサリーをつくるデザイナーがいます。

話ベタな作家のイメージが180度変わる、とっても明るくてチャーミングな女性です。
ブランドの立ち上げが2006年だから、7年間福岡をはじめ、各地で展示会を開いたり、
福岡なら岩田屋などで自らお店にたって販売しています。

つい先日も大名にある「konya2023
のギャラリーを借りて展示会を開催していました。
130716_1
彼女がつくるアクセサリーは繊細でエレガントなものばかり。
金属アレルギーの方にも肌にやさしいレース編のものも多いのも特長です。
130716_2

i=http%3A%2F%2Fpds.exblog.jp%2Fpds%2F1%2F201305%2F14%2F30%2Fc0193430_1314556.jpg,small=800,quality=75,type=jpg.jpeg

YUMちゃんに今後の目標を聞いてみました。
「手にしてくださった方に喜んで頂ける作品を創り続けていけるよう、丁寧な仕事をつづけていきたいです。
目標もそれに尽きます。
もちろん、知って頂く為にいろいろな機会を得たいとは思いますし,チャレンジしたいなぁと思う事もたくさんありますが、それはすべて手に取ってくださる方に喜んで頂く為の手段の一つ。
一生をかけて叶えていきたい事は、手に取っていただける一人一人の方々に喜んで頂ける…そして楽しんでいただけるご提案をし続けていく事です」

YUMちゃんをはじめ、
こういった真っすぐな気持ちでものづくりをしている作家さんはたくさんいます。
そういった方が、もっともっと地元福岡で活躍できる場があればいいなと、いつも思います。

地方から東京に出て頑張るデザイナーもたくさんいますが、
地元でものづくりができて、
それを発信する場が地元にきちんとあって、福岡から世界へも展開していく。

作家とたくさんの方がコミュニケーションできるサイトがあって
さらにFacebookなどのSNSなどで繋がる。
そんなことが早く実現できれば、
もっと福岡が楽しくなるのにな〜と思いました!

Asian Party

福岡アジア文化賞

アジアフォーカス福岡国際映画祭

The Creatorsレポート

FACO

pagetop