INFORMATION

2016.10.31 Mon

九州大学公開講座「クリエイティブ産業と法(JASRAC寄附科目)」

top
九州大学法学部では、日本音楽著作権協会(JASRAC)の寄附科目として、「クリエイティブ産業と法」の集中講義(全4回)を、箱崎キャンパスで開講いたします。

現代社会において「クリエイティブ産業」が果たす役割について、毎回、実務の最前線で活躍している方々をお招きし、多角的に検討することを目指します。

具体的な授業スケジュールと講演予定者(敬称略)は下記を参照ください。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/events/view/143
チラシ http://www.law.kyushu-u.ac.jp/oshirase/files/20161020070308.pdf

受講料は無料です。1講座からでも受講可能ですので、皆さまお気軽にお申込みください。

<プログラム>
第1回(11月12日) クリエイティブ産業の現代的諸相
第2回(11月13日) クリエイティブ産業を支えるファイナンス
第3回(12月3日) クリエイティブ産業における知的財産権の役割
第4回(12月4日) クリエイティブ産業における特区制度の役割

<会場>
九州大学箱崎キャンパス
旧工学部本館10番講義室(第1回、第2回)・文系地区中講義室(第3回、第4回)
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/hakozaki/

<参加申し込み>
本授業の責任教員である小島立(九州大学大学院法学研究院准教授)までメールにてお申込みください。メール本文中には、以下の5つの事項をご記入ください。
【申込先】
kojima@law.kyushu-u.ac.jp
【記載事項】
「[1]お名前」「[2]ふりがな」「[3]団体・会社名」「[4]Emailアドレス」「[5]聴講を希望される日程」
※受講希望者多数の場合は,申込を締め切らせていただく場合があります。

<講座詳細>
○第1回
日時:2016年11月12日(土) 2限~5限(10:30~18:10)
会場:旧工学部本館10番講義室
内容:「クリエイティブ産業の現代的諸相」
講師:
小島立(九州大学大学院法学研究院准教授)
鴛海伸夫(鴛海織物工場代表取締役社長)
山下保博(建築家、株式会社天工人主催、一般社団法人地域素材利活用協会代表理事)
藤井宏一郎(株式会社マカイラ代表取締役)

○第2回
日時:2016年11月13日(日) 2限~4限(10:30~16:20)
会場:旧工学部本館10番講義室
内容:「クリエイティブ産業を支えるファイナンス」
講師:
寺本振透(九州大学大学院法学研究院教授)
増島雅和(弁護士、森・濱田松本法律事務所)
坂本剛(QBキャピタル合同会社代表パートナー)

○第3回
日時:2016年12月3日(土) 2限~5限(10:30~18:10)
会場:文系地区中講義室
内容:「クリエイティブ産業における知的財産権の役割」
講師:
小島立(九州大学大学院法学研究院准教授)
中戸川直史(一般社団法人日本音楽著作権協会常任理事)
山本智子(弁護士、山本&パートナーズ法律事務所)

○第4回
日時:2016年12月4日(日) 2限~4限(10:30~16:20)
会場:文系地区中講義室
内容:「クリエイティブ産業における特区制度の役割」
講師:
エリック・フェアミューレン(ティルブルク大学法学部教授)
マーク・フェニック(九州大学大学院法学研究院准教授)
(※日本語通訳 小島立((九州大学大学院法学研究院准教授))
袴着賢治(福岡市総務企画局企画調整部部長(国家戦略特区等担当))
石丸修平(福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長)

九州大学公開講座「クリエイティブ産業と法(JASRAC寄附科目)」

開催日:2016/11/12・11/13・12/3・12/4
場所:九州大学箱崎キャンパス 旧工学部本館10番講義室(第1回、第2回)・文系地区中講義室(第3回、第4回)

Asian Party

福岡アジア文化賞

アジアフォーカス福岡国際映画祭

The Creatorsレポート

FACO

pagetop